1. TOP
  2. お金・貯蓄
  3. 定年後の男性の働き方、年金減らさず働くにはどうする?女性の仕事や働き方は?

定年後の男性の働き方、年金減らさず働くにはどうする?女性の仕事や働き方は?

お金・貯蓄 仕事 この記事は約 5 分で読めます。

 

以前は、年金も60歳でもらうのが当たり前でしたよね。

ですが、現在は段階的に65歳に支給開始年齢が引き上げられた背景もあり、定年後も働く男性が増えているようです。

しかし、働くことは場合によっては、年金が一部停止になるという話もよく聞かれます。

そこで今回は、定年後の男性の働き方で、年金を減らさず働くにはどうするのか、女性の仕事や働き方は働き方などについてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

 

定年後の男性の働き方、年金減らさず働くにはどうしたらいいの?

 

ポイント!

定年後の男性の働き方で、年金減らさず働く方法は、結論から言ってしまうと厚生年金に加入しない働き方をするという方法になります。

例えば、個人事業主や自営業者であれば、厚生年金に加入することはまずありませんので、まったく問題はありません。

また、一般的な企業などに勤める場合でも、厚生年金に加入しない条件で働くのであれば問題はありません。

 

つまり、定年後の男性の働き方で、年金減らさず働きたいと考えている人は、厚生年金を意識するようにしてください。

 

ちなみに、加入条件を説明しておくと、週20時間以上働いており、1ヶ月の賃金が8,800円以上である場合。

さらに従業員数が501人以上の会社に勤めていること。

そして、学生ではなく、予定される雇用期間が1年以上見込まれていることが条件になります。

そのため、まず週20時間未満であれば問題ありませんね。

 

また、厚生年金に加入したからと言って、誰でも年金が減らされるというわけではないことも知っておく必要があります。

年齢にもよるのですが、65歳以上の人であれば、年金の月額と平均の給与月額が合計で、48万円を超えることで、初めて年金が減額になるのです。

そしてどれぐらい減額になるかと言うと、超えた額の半分が減額という形になります。

例えば、合計で月に50万円になったとしたら、超えた2万円の半分、つまり1万円が減額になるというわけです。

年金がそもそも多いという人は、厚生年金への加入しないようにしておけば問題はありませんし、年金だけでは少なくしっかり働きたいという人は、合計金額を覚えておけば安心ですね。

 

ちなみに、60歳で定年退職した後に働かない場合は、60歳からでも雇用保険基本手当(失業給付)がもらえます。

つまり、65歳まで年金支給を遅らせたとしても、下記の日数と日額がもらえるので、結構大きな収入源となりますね。

 

雇用保険基本手当(失業給付)の所定給付日数



( )内の日数は、解雇や倒産等による離職の特定受給資格者、病気や怪我、親の介護等による離職の特定理由離職者の場合となります。

 

雇用保険基本手当額(日額)の目安



なお、金額は概算で、10円単位は四捨五入しています。

これで定年後の男性の働き方について、年金減らさず働くのもバッチリですね。

Sponsored Link

 

定年後の女性の仕事や働き方を徹底解説!

 

定年後の女性の仕事や働き方について、人気のあるものを紹介していきたいと思います。

まず紹介するのが、清掃の仕事になります。

清掃と言っても場所はさまざまで、マンションや病院、施設などがあります。

もちろん男性でも可能な仕事なのですが、清掃の仕事は女性のほうが就きやすいと言われています。

理由は明白で、女子トイレの清掃がある場合が圧倒的に多いのです。

女性が男子トイレで清掃をしていてもあまり気になりませんが、逆の場合は非常に気になりますね。

そのため、女性の方が採用されやすい傾向にあります。

 

また、清掃はそれなりに体力も使うので、運動不足の解消にもなり、まさに一石二鳥の仕事と言えます。

働き方も短時間から長時間のものまであるので、自分の希望に合った時間帯で探しやすいのも魅力だと考えられます。

 

次に女性に人気のある仕事は、厨房やキッチンなどの調理補助の仕事になります。

これも勤務場所は様々で、社員食堂や病院、介護施設など多岐に渡ります。

仕事内容もそれほど難しくはなく、長年家事をしてきた女性であれば、まず問題なくこなせる仕事内容です。

勤務時間はそれほど長くない場合が多く、短時間で働きたいという人にお勧めですね。

 

最後に一般的な働き方についてですが、定年後は圧倒的にパートタイムで働く女性が多くなっています。

しかし、一概にパートタイムと言っても、勤務時間は異なり、1日3時間程度の短時間のものもあれば、1日5時間以上のものもあります。

自身で求人雑誌などで探すのもいいですが、一番効率的なのがハローワークの利用になります。

ハローワークを利用すれば、自分が希望する職種、時間帯、勤務地などを伝えれば、その中で応募が可能な求人を紹介してもらうことができるのでお勧めですよ。

もちろん、民間の転職サービスを利用する方法もありますし、やりたい事があるのなら、女性でも思い切って起業してみるのも良いかも知れませんね。

 

まとめ

定年後の男性の働き方で、年金減らさずに働くには、厚生年金に加入しないということがまず条件になります。

また、加入した場合でも65歳以上の人であれば、年金と給与月額の合計が48万円までであれば減額にならないということも大切なポイントです。

そして、定年後の女性の仕事については、清掃や調理補助が人気となっていること、働き方についてはパートタイムが圧倒的に多いということも覚えておいてください。

定年後に仕事を探す場合は、最寄りのハローワークをまずは利用してみるのがおすすめです。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

定年退職後の夫婦|老後の楽しみ方や過ごし方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

定年退職後の夫婦|老後の楽しみ方や過ごし方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 絶対知っておくべき定年延長と再雇用の違いとは?メリットやデメリットのまとめ

  • 50代独身女性の貯金や老後はどうする?恋愛はしている?性格は悪いの?

  • 定年後に夫や妻と死別した場合、立ち直りには何が必要?年金はどうなる?

  • 高年齢再就職給付金とは何?支給期間や手続きはどうする?支給額と支給日は?

  • 定年後に働く割合ってどのくらい?仕事がない時の4つのポイントとは?

  • 定年後に株に投資するのはあり?投資信託の方法は?失敗しない運用方法は?